読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年のInvitation

歌詞

45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type D」通常盤



先日の選抜総選挙によって選ばれたメンバーが唄うAKB48の新曲「LOVE TRIP」のカップリング曲のMVのショートバージョンが、続々とyoutubeで公開されている。

 

中でも良いのが、アップカミングガールズによる「2016年のInvitation」という曲だ。

 

アップカミングガールズは選抜総選挙で65位から80位までに選ばれたメンバーによるユニットで、曲がもらえるユニットの中ではランキング上は一番下のグループである。

 

松井珠理奈が半ば不動のセンターを誇るSKE48で、現役メンバーとしては唯一北川綾巴と共にシングルのセンターを経験した事のある宮前杏実が、65位ということで「2016年のInvitation」のセンターを担当している。

 

そんな宮前ももう卒業が決定しているので、この曲が彼女がセンターをやる最後の曲になるだろう。

他にもNGT48のメンバーが唯一入っているのがアップカミングガールズだったりとか色々あるのだが、肝心の曲についてご紹介しよう。

 

風のインビテーション(Invitation) [EPレコード 7inch]

風のインビテーション(Invitation) [EPレコード 7inch]

 

 

秋元康でInvitationといえばおニャン子クラブ福永恵規「風のInvitation」を思い出すが、あの曲に負けず劣らず「2016年のInvitation」もかなりの爽やかソングである。

 

まだショートバージョンしか公開されていないので断片的な歌詞しか分からないのだが、

 

「誰かが いつだってみつけてくれる
目立っていなくても忘れてない
私は私のペースでいいんだ
明日は予想よりもちょっぴりいいことがある」

 

という歌詞は前作のリード曲「翼はいらない」の「ゆっくり歩こう」というメッセージとも繋がる部分があると思う。
なんというかこの曲はランキング当落線上にいたメンバー達が歌っている訳だが、実のところ歌詞の内容は、惜しくもランクインする事ができなかったメンバー達のためのものでもあるという気がするのだ。

 

前向きで少し楽観的すぎるようにも思えるのだけれど、これからAKBを卒業して女優になるという宮前を中心に据えて、NGTの加藤やAKBの谷口など、次代を担うであろうメンバーが唄うこの歌は、どこか素直に聴けてしまう。

フルコーラスで聴ける日が楽しみだ。