navylight’s blog

当世のアイドルと前世のニューウェーブ

もっとリアルに

ESSENCE:THE BEST OF IPPU-DO

 

土屋昌巳率いる一風堂は70年台後半から80年代初頭にかけて活躍したニューウェーブバンドである。


細かい説明は省くとして、このバンドはBLANKEY JET CITY等をプロデュースした土屋昌巳と、おニャン子クラブとんねるずの作曲、近年では堤幸彦作品のサントラでもお馴染みの見岳章の二人を擁していたという点でかなり重要なバンドである。

後のJ-POPシーンへの貢献度という意味ではYMOにも引けを取らないと考えるのは大袈裟かもしれないが、あながち間違ってもいないと思う。

 

そんな一風堂のデビューシングルが「もっとリアルに」である。

ファーストアルバムはもっと土屋昌巳のギターが炸裂しているのだが、この曲では大人しめで、どちらかといえば見岳章のシンセの方が目立つ。逆にセカンドシングルの「ブレイクアウトジェネレーション」は土屋の激しいギタープレイが聴ける。
典型的なテクノポップ土屋昌巳の出自であるビートロックの要素が複雑に絡み合っているのが、初期の一風堂の魅力だ。

 

ヒット曲の「すみれSeptember LOVE」では作詞家の竜真知子に歌詞を任せていた一風堂だが、この曲をはじめ、多くの作品は土屋昌巳が歌詞を手掛けている。

土屋昌巳の落ち着いたミステリアスな雰囲気に似合わず、なかなか悪ガキっぽい元気な歌詞が良い。

 

「もっとリアルに」だって結局ポルノを"もっとリアルに見たい"というようなしょーもなっ!な感じなのだが、

 

「もっとリアルに生きていたいそれだけさ」

 

の一言はなんだか響くものがある。

 

エロは真理か。

もっとリアルに

もっとリアルに

 

 

ESSENCE:THE BEST OF IPPU-DO

ESSENCE:THE BEST OF IPPU-DO