navylight’s blog

当世のアイドルと前世のニューウェーブ

フォークソングを聴こう〜秋元康周辺の巻

「ザ・プレミアムベスト」青春のフォークソングス名曲集

欅坂46の「渋谷川」「ボブディランは返さない」、AKB48の「翼はいらない」もそうだが、とにかく今年の秋元康関連はフォークソングが多い。
というわけで今回はそんな秋元康にまつわったりまつわらなかったりするフォークソングを紹介しよう。

 

まずは旅情フォークの定番、山本コータローとウィークエンドの「岬めぐり」である。

岬めぐり

岬めぐり

秋元康はおそらくこの曲からは多大な影響を受けている。秋元康がプロデュースしたとんねるずの曲に「心めぐり」というこの曲のもろパロディな曲があって、パロディのクセにやたら感動する曲で、秋元康がおふざけからマジになる、ちょうど過渡期の作品かと思う。

 

 

市川と宮嶋

市川と宮嶋

 

 
同じアルバムに入っている「律子に乾杯」というのもフォーク時代の長渕のパロディで、なかなか良い曲だ。

 

GOOD-BYE青春

GOOD-BYE青春

  • 長渕 剛
  • J-Pop
  • ¥250

で、長渕剛である。彼は元々フォークシンガーであり、秋元康は長渕のオールナイトニッポンの放送作家をやっていた。さらに長渕が初めて外部の作家にシングルの作詞をさせたのも秋元康だ。「情けねえ」という長渕のパロディで大ヒットを放った秋元康は実は「Good-Bye青春」などで本物の長渕の詩を書いたことのあるバリバリのインサイダーだったのである。

 

白い色は恋人の色

白い色は恋人の色

  • ベッツィ&クリス
  • ポップ
  • ¥250

そしてもう一つ欠かせないのはベッツィ&クリスの「白い色は恋人の色」である。
ベッツィ&クリスは加藤和彦プロデュースによる外国人の少女二人組のフォークデュオだ。
欅坂46の「渋谷川」などを唄うゆいちゃんずのイメージの原型はこの辺であると見ている。
秋元康きたやまおさむへの尊敬などを語っていたこともあり、フォークル直系のこのユニットの曲から受けた影響も大きいだろう。

少し前にフレンチ・キスというAKBの派生ユニットが出した「思い出せない花」などはこの曲そのまんま過ぎて、訴えられたりしないのかと少しビクついたものである。凄い良い曲なのだが。

 

 

今回は特に直で秋元康に関係のあるフォークソングを紹介したが、確かに日本のフォークソングというのは40年前の一時のブームで終わらせるには惜しいほど、音楽のフォーマットとして普遍的な魅力を放っているし、秋元康しつこくフォークソングを意識した曲を書いて、フォークを復興させたいというような気持ちもとてもよく理解できる。

ゆいちゃんずの曲や「翼はいらない」でフォークソングがなんとなく気になった人は色々昔のフォークソングを聴いてみるのも面白いかもしれない。

あ、アングラフォークとかもあるので、とりあえず最初からそういうのを聴いちゃわないように気をつけてください。
逆にいいのかもしれないけど…。

 

フォーク・ベスト ?あの素晴らしい愛をもう一度

フォーク・ベスト ?あの素晴らしい愛をもう一度