原始、今田は太陽であった!

ナウ ロマンティック

小学校低学年のとき、自分がお笑いで誰が好きだったかと考えたとき、それはダウンタウンでもとんねるずでもウッチャンナンチャンでもなく、今田耕司であった。
90年代後半の今田耕司の勢いは凄かった。
90年代の終わり、とにかく喋りが面白くて新しい感じのする人は今田耕司だった。
彼がゴールデンで活躍していたのはいわゆるお笑い番組という感じではなく、歌番組だとかクイズだとか、そんな毛色の強いものも多かったから、記録として今残っているものは少ない。
いわゆるお笑いマニアの人達に注目されるような番組ではなかったからだろうか。
勿論今の今田耕司も並みの芸人とは格が違う面白さを誇っている。
しかしながら、お笑い向上委員会などでさんまのサブ的ポジションをしている今田耕司より、メインMCとしてバリバリやっていた細身でスタイリッシュなシティ派関西人の様相を呈していたあの頃の今田耕司が僕は好きだった。
うたえもんやその当時関東でも見ることができた吉本新喜劇で、毎日のように今田耕司が見れたあの頃に想いを馳せる。
レッツ・ゲット・ナウロマンティック。

 

 

 

アメリカ大好き!

アメリカ大好き!

 
ナウ ロマンティック

ナウ ロマンティック