読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西野七瀬、光合成希望

乃木坂46でソロ曲を持っているメンバーというのは数えるほどしかいないのだけれど、
とくに西野七瀬の楽曲は群を抜いて素晴らしい。
先日発売されたばかりのセカンドアルバム「それぞれの椅子」に収録されている「光合成希望」も実に名曲だった。
西野七瀬という人は番組を見ていてもなんだか見ているこちらが少し心配になるくらい、楽しいんだか楽しくないんだかよくわからない表情をしていて、なんとなく内面を推察してしまいたくなるような衝動にかられる。
言ってしまえばいわゆる「大人しい子」という感じで、元々大人しい子だったというアイドルや芸能人はたくさんいるのだと思うけれど、西野七瀬の凄いところは大人しい人が大人しい姿のままテレビに写ってしまっているということだと思う。
しかしながらそれが絵になる、事故スレスレのところで危うい美学へと消化されているのである。
光合成希望」はまさにそんな西野の内面を体現したような曲だ。
大人しいと人から見られがちな子が、日差しの当たる新しい場所へ行って新しい自分になりたいという、まさにドキュメンタリー映画で語られていたような西野七瀬の物語的歌詞。
しかしこれもまた秋元康の想像する西野七瀬の内面にすぎないのである。
謎めいた西野七瀬が、今後さらに秋元康以外のたくさんのクリエイターの創造力を刺激する日も近い気がする。

それぞれの椅子(TYPE-A)(DVD付)

それぞれの椅子(TYPE-A)(DVD付)